自動車保険と事故のポイント

自動車保険に加入する時に選ぶポイントとして事故にあったときに少しでも面倒な手続きをしたくないという人の選び方のポイントを紹介したいと思います。自動車保険に入る目的は金銭的な面のリスクを減らすだけでなく、やはり事故のときの面倒な処理を任せたいという目的もありますよね。まず、事故のときに相手と交渉する時に保険会社に任せたいと思っている人の場合には示談交渉サービスや人身傷害補償保険、がついている保険を選ぶのがいいのではないでしょうか。少々保険料が高くつくこともありますがそれでも事故のときに少しでも面倒なことにならないためには必要なことです。

 

それから事故をしたとしても、翌年から自動車保険料が高くなるのが嫌だという人の場合には、保険を使う場合と保険を使わない場合の事故を考えた方がいいでしょう。場合によっては保険料の値上がりよりも、実費で対応した方が安いこともあります。自動車保険を選ぶ時にはレッカーだーや代車の費用なども補償内容に含まれているところを選ぶと安心です。ロードサービスが充実しているところを選びましょう。事故にあったときは不安ですからすぐにでも自動車保険会社の人に駆けつけてほしいと思っている人は現場急行サービスがついている自動車保険を選ぶといいかもしれませんね。

事故を起こした時の自動車保険

事故を起こした時に自動車保険会社へ連絡をすると思いますがその時の流れを紹介したいと思います。事故を起こしてしまったときには、事故が発生した日時と場所、そしてその内容を自動車保険会社へ連絡しなければいけません。その際にはいくつか質問されると思います。まずは事故のときの状況、そして被害者の住所や名前電話番号、車両番号や相手の加入している自動車保険会社などを聞かれると思います。そして事故がいつどこで起きたのか、そして損害保険の請求を受けているときには内容も伝えます。

 

自動車保険会社に必ず連絡しなければいけません。退陣事故を起こした時に発生してから60日以内にこの連絡をしていないときには、事故の損害に自動車保険金が支払われないこともあるので、自動車事故を自分が起こしてしまったときには連絡が必要です。また自動車保険会社のサービスによってはすぐに駆けつけてくれたり、どうすればいいのか支持をしてくれるサービスをつけているところもありますからその場合にはすぐに自動車保険会社へ連絡をして指示を仰いだ方が心強いのではないでしょうか。示談の交渉についても、特約でついている場合には自動車保険会社に任せた方が安心です。

自動車保険どっちがお得?

自動車保険に入るときにどちらがお得だと思いますか?比べる基準は搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険です。車に乗る人すべてが事故やけが、死亡したときに保険金がおりるのは搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険という二つの種類の自動車保険がありますがどちらに入っておくのがお得だと思いますか?自動車保険の搭乗者傷害保険は、車に乗っていた全員の自動車事故が原因で起きたトラブルなどに保険金が支払われますが、人身傷害補償保険という自動車保険の場合には、相手がいる場合の自動車事故でけが、死亡したときに、契約している損保会社から保険金額の上限に本当にかかった損害額の100パーセントが支払ってもらえるというものです。このときの対象は、保険の対象になっている車と、乗っていた人全員ということになっています。

 

ではこの二つの自動車保険はどちらがお得なのでしょうか?搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険は比べてみると搭乗者傷害保険の方が保険料が少し高めです。補償内容はどちらが充実しているのかというと、人身傷害補償保険の方が断然補償内容が素晴らしいです。自動車保険会社によっては、搭乗者傷害保険を取り外して人身傷害補償保険をつけることができますからそれだけ安くなりますからお得ではないでしょうか。